脳血管障害における自然免疫メカニズムの解明

七田 崇 さん

東京都医学総合研究所 生体分子先端研究分野

研究の背景

 脳卒中は本邦の死因の第4位、寝たきりの原因の第1位を占め、脳卒中の約7割が脳梗塞です。脳梗塞に対しては発症早期の治療開始が原則とされており、手足の麻痺などの後遺症を軽減するような治療法の開発が必要とされています。脳梗塞後の約1週間は、脳組織で炎症が起こって脳が腫れ、後遺症を悪化させる一因となるため、炎症をうまく制御することによって新しい治療法を開発できる可能性があります。


研究の成果

 脳梗塞によって脳細胞が壊死に陥ると、血液中を流れる白血球(免疫細胞)を活性化して、脳内で炎症を引き起こします。脳梗塞後の炎症は、病原体が関与しない無菌的な炎症であり、壊死した脳細胞から放出されるタンパク質(ペルオキシレドキシン)によって免疫細胞が活性化されて炎症の引き金となることを発見しました。マクロファージやリンパ球のような免疫細胞が脳内で炎症を起こすことを阻止したり、炎症の収束を早めたりすることによって脳梗塞の治療が可能であることが証明できました。


今後の展望

 脳梗塞後の炎症が起こり、収束に至るまでの詳細なメカニズムが明らかになれば、脳梗塞の発症早期に限らず有効な、新しい治療剤の開発につながると考えられます。


図