公開シンポジウム『これからの家族を考える』シリーズ第1回しがらみ と きずな

family01

公益財団法人 花王芸術・科学財団では、芸術文化と科学技術の統合領域への研究の一助として、1997年から様々な視点に基づく文理融合シンポジウムを開催してまいりました。
2012年からは「美しい生き方」をテーマに、東日本大震災以降の新たな日本人の生き方を考える3回シリーズのシンポジウムを開催し、個々の心の持ち方やライフスタイルについて議論しました。
今回のシリーズは、最も身近なコミュニティである家族に着目し、「これからの家族を考える」をテーマに行います。第1回は「しがらみときずな」と題し、家族と個人の関係について「文」「理」の視点から多彩な講師をお迎えし、講演・パネルトークをしていただきます。


開催日 2016年11月28日(月)
開場:17:30 / 開演:18:00(20:00終演予定)

チラシ・申込みフォーム
[PDF:1 MB]
会場 日本橋三井ホール
東京都中央区日本橋室町2-2-1
COREDO室町1. 5F(エントランス4F)
主催 公益財団法人 花王芸術・科学財団
参加費 無料
対象 一般の方(どなたでもご参加いただけます)

申込方法

申し込みは締め切りました

FAXまたは郵送の場合は、PDFファイルの申込みフォームを印刷して必要事項をご記入の上お申込みください。

ハガキ、E-Mailの方は、氏名、住所、電話番号、希望人数(1名または2名)、「シンポジウム参加希望」とご記入の上お送りください。また、下記 「個人情報の取り扱いについて」をご一読の上、本財団シンポジウムのご案内発送が不要な方は、その旨を必ず明記の上、お送りください。

「個人情報の取り扱いについて」
お客様からいただいた個人情報は、(公財)花王芸術・科学財団が入場券発送等の事務処理、本財団シンポジウムのご案内発送等に利用し、当該業務の委託に必要な範囲で委託先に提供する場合以外は、個人情報をお客さまの承諾無く第三者に提供いたしません。今後、本財団からのシンポジウムのご案内発送が不要な方は、その旨メールまたははがきにご記入のうえお申し込みください。

申込締切 11月7日(月)必着(終了しました)

  • 定員300名ですのでお早めにお申込みください。応募者多数の場合は抽選とさせて頂きます。
  • 当選された方には、人数分の入場券(ハガキ)をシンポジウム開催2週間前までに郵送いたします。

申し込み・お問合せ先

〒100-8692 日本郵便(株) 銀座郵便局 郵便私書箱第824号
シンポジウム『これからの家族を考える』事務局 行
FAX:03-5435-8157
E-Mail:info@kao-zaidan.jp
お問合せTEL:03-5435-8357(月~金10:00~16:00 ※祝日除く)


講演録

下記より講演録がダウンロードいただけます。

講演録 一括ダウンロード(A4/14頁) [PDF:2 MB]


プログラム

ご挨拶(18:00~18:05)

理事長 尾﨑 元規


問題提起(18:05~18:20)

講演録(A4/1頁) [PDF:451 KB]

「なぜ今、家族なのか?」
原島 博 (東京大学名誉教授) ※本シンポジウム コーディネーター


基調講演(18:20~19:00)

講演録(A4/3頁) [PDF:802 KB]

「宿命としての家族」
山田 太一(脚本家・小説家)


パネルトーク(19:00~20:00)

講演録(A4/8頁) [PDF:1 MB]
山田 太一
 
須磨 佳津江
(キャスター・ジャーナリスト)
原島 博
 
(敬称略)