シンポジウム

芸術文化と科学技術を融合する総合研究への支援

芸術文化と科学技術の融合を目指す研究の支援として、その時々の社会の関心事を取り上げた 「文理融合シンポジウム」 を開催しています。

公開シンポジウム「これからの家族を考える」シリーズ第2回【進化しているのか 家族】2017年11月17日 於 SMBCホール

公開シンポジウム
「これからの家族を考える」シリーズ第2回
【進化しているのか 家族】
2017年11月17日 於 SMBCホール

1997~1999年に“心の豊かさを求めて”をテーマに4回シリーズで「感性と脳」研究会を、2003年には医学的なアプローチはもとより、文化人類学、社会学、心理学などの見地から、睡眠を解剖する文理融合シンポジウム「社会の中の睡眠」を開催しました。
2006~2008年は、“顔と文化”を3回シリーズで取り上げ、2012~2014年には、東日本大震災以降の日本人の生き方を問うことを主題に、“美しい生き方を考える”をテーマとしたシンポジウムを3回シリーズで開催しました。
2016年からは、“これからの家族を考える”をテーマに、最も身近なコミュニティである家族に着目し、シンポジウムを開催しています。



過去のシンポジウム

公開シンポジウム『これからの家族を考える』シリーズ


公開シンポジウム『美しい生き方を考える』シリーズ


公開シンポジウム『顔と文化』シリーズ


公開シンポジウム『社会の中の睡眠』