粘膜表層を介した粘膜免疫制御機構の解明と免疫療法への応用

國澤 純 さん

東京大学 医科学研究所 感染・免疫部門 炎症免疫学分野

一層の上皮細胞を介し外界と接している粘膜組織には粘膜免疫システムと呼ばれる独自の免疫機構が存在し、生体最前線での生体防御と恒常性維持を行っている。この粘膜免疫システムを応用した“吸う、飲む”ワクチンである粘膜ワクチンが次世代型ワクチンとして注目されている。我々は粘膜免疫誘導組織へ効率よくワクチン抗原を送達するためのDrug Delivery Systemを開発することで、粘膜組織を介した効果的な免疫誘導ができる優れた粘膜ワクチンになり得ることを示した。さらに送達された抗原の細胞内プロセッシング機構を解析する技術を開発し、抗原プロセッシングにおける分子シャペロンの有用性を示した。これらの研究により、生体内だけではなく細胞内でのワクチン抗原の動態制御に立脚した粘膜ワクチンの開発が可能となった。さらに我々は生体調節に関わり食餌性脂質を供給源の一つとしている脂質メディエーターのうちスフィンゴシン1リン酸(S1P)に着目し、S1Pが腸管IgAの産生や上皮細胞間リンパ球の遊走制御に関わっていることを明らかにした。また腸管免疫システムの有する恒常性維持機構の破綻により発症する食物アレルギーモデルを用い、病原性T細胞やマスト細胞の病態部位への遊走においてもS1Pが関与していることを見いだし、S1Pを標的とした予防、治療戦略の有効性を提唱した。これらの研究は粘膜免疫のユニーク性を解き明かす学術的発展に貢献すると共に、新規粘膜免疫療法の開発につながると期待される。