黒川能上座の芸系成立に関する資料調査

柴田 真希(しばた まき) さん

東京芸術大学大学院 博士課程音楽研究科音楽学専攻4年

 本研究は、山形県鶴岡市黒川に伝承される黒川能の芸系成立に関連する資料を収集する事を目的とした。黒川能は能を演じる国指定重要無形民俗文化財であるが、その演出や演目には独特の様式を持ち、観世流や宝生流などの中央五流と並んで「黒川流」と呼ばれることすらある。しかし、先行研究においては、その独自性が指摘されながらも、独特の様式が具体的にどのようなものであり、中央五流のどのような様式を摂取した事によって成立したものなのかという事については未解明なままである。
 しかし、芸系の成立を解明するためには、黒川や複数の研究機関に残されている膨大な資料を収集した後に、それらを様々な方向から分析する必要があり、長期間にわたる調査が必要となる。そこで、本研究は黒川能の芸系を解明するための基礎的研究として、黒川能上座に現存する資料のうち、黒川能の芸系成立に関係すると思われる資料の調査を実施した。特に、謡本については、先行研究において調査が十分に行われていなかったため重点的に調査を実施し、提供いただいた資料については写真撮影を行った。
 その結果、確認できた限りでは、元禄8年の観世流の謡本が現役の役者宅に残されている事が明らかになった。一方で、先行研究で黒川に数多く残されているという事が指摘されていた、進藤流という明治期に廃絶した脇方の謡本が今回の調査でも複数の役者宅で確認することができた。しかし、謡本の本文を調べたところ、今回確認できた進藤流の謡本には進藤流の謡本が出版された後に書き込まれたと思われる朱書きが数多く残されている事が明らかになった。したがって、謡本の発行年と黒川への謡本の導入時期を重ねて考える事はできず、黒川への謡本の導入時期に関しては、謡本文を精査するなどして、今後慎重な検討を要するものと考える。また、黒川に存する謡本は、研究者の予想をはるかに超えた数量であり、今回調査を実施できなかった謡本については今後更なる調査を実施する必要があるものと考える。尚、調査を実施した謡本についてはデータベース化の作業を進行中であり、今後現地の当事者たちへ公開する予定である。
 現時点では謡本の調査は上座に限ったものであり、黒川能全体の芸系の成立を把握するためには、下座の資料も収集し複合的に考察を進める必要があるものと思われる。今後の課題としていきたい。